Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」supported by チョコラBB random thought

投稿者: | 2013年12月28日

オープニングは仮想化された存在であるPerfumeが実体化する世界に観客が入り込む。Perfumeが「球体の中に入りなさい(Enter the Sphere)」と我々を誘う。巨大な球がデジタライズされたPerfumeをビジュアライズしている。巨大なPerfumeが乱舞する。実に美しい。心を奪われてしまう。

突然巨大な球の上にPerfumeの実体が出現する。Perfumeのスフィア(球)の中に入ったのだ。この世界で彼女達は実体化する?いや実は反対である。観客はデジタライズされ仮想化され、そしてビジュアライズした存在になってしまったのだ。Perfumeと同じ存在になったので実体に見えるのだ。

それはPerfumeによって我々に提示される。かしゆかがつまみ上げるデジタル3D化された観客の女性。次の瞬間、アリーナにいる当人が映し出される。いや、反対だ。それはオープニングで示しているように、かしゆかがつまみ上げたのが本物で、映し出された本人がこのスフィアの中にいる仮想化された存在だ。もう我々は実体・仮想の区別をつけられない。

これは新しい世界なのだろうか。いやそうではない。コンピューターシティ、エレクトロワールドで気がつかされる。これはPerfumeが最初から提示していた世界そのものだと。あの頃から何にも変わっていない。ただ純化し深化しているのだという事に気づく。そして我々はその世界に入っている。夢の中で描いていた場所に完璧な計算で造られた楽園に我々は今いるのだ。

Dream Landが流れる中、Perfumeは球体の中に戻っていく。いや、それは反対で我々が元の世界に戻ってくるのだ。壮大なサウンドと歌詞が耳に入ってくる。夢の物語の中に取り込まれていた我々は現実世界に解放される。最後にcome againという言葉が耳に残されたまま。

random thought after Tokyo Dome live.

[amazonjs asin=”B00IG3JE7S” locale=”JP” title=”Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 (通常盤) Blu-ray”]

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmailby feather