USB端子に接続して使う11ac対応無線LAN子機 WI-U2-433DHP をRaspberry Pi 3 につけてみた

投稿者: | 2018年4月17日

2018年4月17日時点でのまっさらな環境でコンパイルして使えるようにする手順

Raspberry Pi 3 は標準でWiFiを持っているが、もうちょっと性能のいいのが欲しかったので「さらに進化した飛びと安定性。大型アンテナ搭載11ac対応無線LAN子機」というのが売りの WI-U2-433DHP を買ってみた。Raspberry Pi 3 につけてみようとしたが、Raspbian GNU/Linux 9 (stretch)が対応していなかったので、モジュールを作りカーネルにロードして使えるようにした。

ネット上であちこち探したがバージョンが古かったり、既にインストールしている環境に依存している状態でのインストール説明が多く、まっさらの状態でインストールする手順がみつからなかった。2018年4月17日時点でのまっさらな環境でコンパイルして使えるようにする手順を以下に書き留めておく。

システムをアップデート

モジュールをコンパイルする前にシステムをアップデートしておく。


# apt-get update
# apt-get upgrade

アップデート後にリブートしておく。

モジュールをコンパイルするための事前準備

カーネルをコンパイルしたgccをゲットする。まず/proc/versionをチェックしてみる


$ cat /proc/version
Linux version 4.14.30-v7+ (dc4@dc4-XPS13-9333) (gcc version 4.9.3 (crosstool-NG crosstool-ng-1.22.0-88-g8460611)) #1102 SMP Mon Mar 26 16:45:49 BST 2018

カーネルはgcc 4.9.3 でコンパイルされている。gccのバージョンをチェック。


$ gcc --version
gcc --version
gcc (Raspbian 6.3.0-18+rpi1+deb9u1) 6.3.0 20170516
Copyright (C) 2016 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions. There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

バージョンがあっていない。gcc4.9をインストールする。


$ apt-get update
$ sudo apt-get install gcc-4.9 g++-4.9
[sudo] password for hironobu:
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following additional packages will be installed:
cpp-4.9 libasan1 libgcc-4.9-dev libstdc++-4.9-dev
Suggested packages:
gcc-4.9-locales gcc-4.9-doc libstdc++6-4.9-dbg libgcc1-dbg libgomp1-dbg libitm1-dbg libatomic1-dbg libasan1-dbg liblsan0-dbg libtsan0-dbg
libubsan0-dbg libcilkrts5-dbg libquadmath0-dbg libstdc++-4.9-doc
The following NEW packages will be installed:
cpp-4.9 g++-4.9 gcc-4.9 libasan1 libgcc-4.9-dev libstdc++-4.9-dev
0 upgraded, 6 newly installed, 0 to remove and 1 not upgraded.
Need to get 21.7 MB of archives.
After this operation, 64.3 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] y

インストール後はこんな風になっている。


$ ls -l /usr/bin/gcc*
lrwxrwxrwx 1 root root 5 4月 9 2017 /usr/bin/gcc -> gcc-6
-rwxr-xr-x 1 root root 666956 4月 20 2016 /usr/bin/gcc-4.9
lrwxrwxrwx 1 root root 25 3月 1 09:03 /usr/bin/gcc-6 -> arm-linux-gnueabihf-gcc-6
lrwxrwxrwx 1 root root 8 4月 9 2017 /usr/bin/gcc-ar -> gcc-ar-6
-rwxr-xr-x 1 root root 24424 4月 20 2016 /usr/bin/gcc-ar-4.9
lrwxrwxrwx 1 root root 28 3月 1 09:03 /usr/bin/gcc-ar-6 -> arm-linux-gnueabihf-gcc-ar-6
lrwxrwxrwx 1 root root 8 4月 9 2017 /usr/bin/gcc-nm -> gcc-nm-6
-rwxr-xr-x 1 root root 24376 4月 20 2016 /usr/bin/gcc-nm-4.9
lrwxrwxrwx 1 root root 28 3月 1 09:03 /usr/bin/gcc-nm-6 -> arm-linux-gnueabihf-gcc-nm-6
lrwxrwxrwx 1 root root 12 4月 9 2017 /usr/bin/gcc-ranlib -> gcc-ranlib-6
-rwxr-xr-x 1 root root 24380 4月 20 2016 /usr/bin/gcc-ranlib-4.9
lrwxrwxrwx 1 root root 32 3月 1 09:03 /usr/bin/gcc-ranlib-6 -> arm-linux-gnueabihf-gcc-ranlib-6

モジュールコンパイルのためにカーネルヘッダーをインストールする。デフォルトでは/usr/src の下には何も入っていない。


$ sudo apt-get install raspberrypi-kernel-headers
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following NEW packages will be installed:
raspberrypi-kernel-headers
0 upgraded, 1 newly installed, 0 to remove and 1 not upgraded.
Need to get 16.1 MB of archives.
After this operation, 104 MB of additional disk space will be used.
...

/usr/srcの下に次のようにインストールされている。


$ ls -l /usr/src
total 8
drwxr-xr-x 24 root root 4096 4月 17 15:11 linux-headers-4.14.30+
drwxr-xr-x 24 root root 4096 4月 17 15:11 linux-headers-4.14.30-v7+

カーネルモジュールのコンパイルのためにbcをインストールさせておく。コードをダウンロードするのにgitをインストールしておく。


$ sudo apt-get install git bc

WI-U2-433DHPのモジュールを作成する

ここにWI-U2-433DHPのためのモジュールのコードがあった。gitでダウンロードする。


$ git clone https://github.com/abperiasamy/rtl8812AU_8821AU_linux.git

Makefileを以下のように修正する。WI-U2-433DHPはRTL8821Aを使っているので、これだけyにする必要があった。RTL8812Aもyにしていたら8812が優先されてRTL8821Aが入らなかった(なぜ?)。

Makefileを以下のように修正した。


$ diff -p Makefile Makefile.orig
*** Makefile 2018-04-17 15:21:52.412079860 +0900
--- Makefile.orig 2018-04-17 15:20:52.953052805 +0900
*************** CONFIG_RTL8192C = n
*** 29,35 ****
CONFIG_RTL8192D = n
CONFIG_RTL8723A = n
CONFIG_RTL8188E = n
! CONFIG_RTL8812A = n
CONFIG_RTL8821A = y
CONFIG_RTL8192E = n
CONFIG_RTL8723B = n
--- 29,35 ----
CONFIG_RTL8192D = n
CONFIG_RTL8723A = n
CONFIG_RTL8188E = n
! CONFIG_RTL8812A = y
CONFIG_RTL8821A = y
CONFIG_RTL8192E = n
CONFIG_RTL8723B = n
*************** CONFIG_AP_WOWLAN = n
*** 72,79 ****
######### Notify SDIO Host Keep Power During Syspend ##########
CONFIG_RTW_SDIO_PM_KEEP_POWER = y
###################### Platform Related #######################
! CONFIG_PLATFORM_I386_PC = n
! CONFIG_PLATFORM_ARM_RPI = y
CONFIG_PLATFORM_ANDROID_X86 = n
CONFIG_PLATFORM_ANDROID_INTEL_X86 = n
CONFIG_PLATFORM_JB_X86 = n
--- 72,79 ----
######### Notify SDIO Host Keep Power During Syspend ##########
CONFIG_RTW_SDIO_PM_KEEP_POWER = y
###################### Platform Related #######################
! CONFIG_PLATFORM_I386_PC = y
! CONFIG_PLATFORM_ARM_RPI = n
CONFIG_PLATFORM_ANDROID_X86 = n
CONFIG_PLATFORM_ANDROID_INTEL_X86 = n
CONFIG_PLATFORM_JB_X86 = n

コンパイル


$ CC=gcc-4.9 make
...
LD [M] /home/hironobu/WI-U2-433DHP/rtl8812AU_8821AU_linux/rtl8821au.o
Building modules, stage 2.
MODPOST 1 modules
CC /home/hironobu/WI-U2-433DHP/rtl8812AU_8821AU_linux/rtl8821au.mod.o
LD [M] /home/hironobu/WI-U2-433DHP/rtl8812AU_8821AU_linux/rtl8821au.ko
make[1]: Leaving directory '/usr/src/linux-headers-4.14.30-v7+'

インストール


$ sudo make install

モジュールをカーネルにロードする

デフォルトのネットワーク状態を確認してみる


$ ip link
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
link/ether b8:27:eb:da:b3:2b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: wlan0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP mode DORMANT group default qlen 1000
link/ether b8:27:eb:8f:e6:7e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

モジュールをカーネルにロードする。


$ sudo modprobe rtl8821au

ロード後を確認する。


$ ip link
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
link/ether b8:27:eb:da:b3:2b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: wlan0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP mode DORMANT group default qlen 1000
link/ether b8:27:eb:8f:e6:7e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: wlan1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP mode DORMANT group default qlen 1000
link/ether 84:af:ec:74:40:33 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

モジュールの登録

リブートしてもロードされるようにしておく。

echo rtl8821au > /etc/modules-load.d/rtl8821au.conf

リブートして先程のようにipコマンドを使ってWiFiが認識されるか確認する。

[amazonjs asin=”B01CIV3PNW” locale=”JP” title=”BUFFALO 11ac/n/a/g/b 433Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DHP”]

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmailby feather