Raspberry Pi & USBオーディオインタフェース

投稿者: | 2014年8月17日

Raspberry PiのUSBにCreative Technology Ltd Sound Blaster X-Fi Go! Proをつけてヘッドフォンで音楽を聴く。忘れないうちにメモっておく。USBに挿す、alsaのハードウェア番号をチェックする、そのハードウェアを指定する。これだけ。

 % cat /proc/asound/cards
   0 [ALSA  ]: bcm2835 - bcm2835 ALSA
                    bcm2835 ALSA
   1 [Pro ]: USB-Audio - Sound Blaster X-Fi Go! Pro
                 Creative Technology Ltd Sound Blaster X-Fi 
                 Go! Pro at usb-bcm2708_usb-1.2, full

割り当てられているハードウェアが1なことを確認。


  % mplayer -ao alsa:device=hw=1.0 foovar.flac

音の調整はalsamixerで。あ、あとmplayerを使うユーザはaudioのグループに入っていないとサウンドまわりにアクセスできないので注意すること。

% sudo usermod -G audio your_account

Raspberry Piはそんなに容量を持つことはできないのでNFSでサーバのファイルをマウントしている。実際にはmplayerのコマンドを一々入力しているわけではなく、シェル・プログラミングで数十行ほどうにょうにょして曲を選択できるようにしている。

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmailby feather